top of page

福岡 基礎工事



何事も基礎が必要というくらい基礎ってほんと大事だと思います。


そこができてないと、次のステップにはいけませんよね。


仕事でも、ミスをするとやはり基礎からみなおします。


基本ができてないと、いくら良いチャンスがきても取り逃がしてしまう


くらい重要で大事だと思います。


住宅でも同じで、『基礎工事』は家づくりにおいてとても重要な部分です。


また、建物完成後はほとんどみえなくなってしまうカ所でもあります。


また建物の土台になるので専門的な知識と技術が必要です。


土地と建物を繋ぐ工事、、しっかり施工していきましょう!







コンクリートと鉄筋の関係                            


みなさんはコンクリートに対してどんなイメージがあるでしょうか?


きっと、コンクリートは頑丈なイメージだと思います。


確かにコンクリートは頑丈なのですが、それは圧縮力に対して力を発揮します。


そんなコンクリートさんですが、実は引っ張られる力に対しては弱いんです。


意外ですね。


そこでコンクリートさんの弱点を補うために鉄筋があります。


鉄筋の特徴はコンクリートと違い、圧縮には弱いのですが


引っ張りには優れた耐久性を発揮します。


頑丈そうなコンクリートに鋼材を埋め込む構造にすることで、お互いのメリットを


組み合わせた強さになっていきます。


住宅ではⅮ9~Ⅾ16くらいの比較的小径の鉄筋でも曲げモーメントに(力)


抵抗できるとされています。



ベタ基礎 布基礎                             



地盤に基礎を直接設置させる『直接基礎』


床下部分前面をコンクリートで覆い、面でささえるため荷重を分散でき


不同沈下しづらく、耐久性に優れています。


木造住宅で、今一番採用されている工法です。


1980年代ごろまでの家だと、床下を確認すると土がみえるはずです。


それは『布基礎』という、面でささえるのではなく点でささえる工法です。


一応比較しますが、布基礎のほうが安く済むという点がメリットでしょう。


まあ、木造住宅を建てるならべタ基礎一択で良いかと思います。


ベタ基礎


①耐久性に優れている


②コンクリート基礎で覆うため、地面からの湿気に強い


③シロアリの被害を受けにくい


建物の荷重を分散できて耐久性に優れ、地面を分厚く覆うため


地面からの湿気を防ぎ、床下の木材部分を腐食することも防ぐことができます。


シロアリに関しては全く被害なしとは言えませんが、防ぐことができます。





気になる方は、基礎工事の動画を YouTubeにあげていますのでご覧になってください。


宜しくお願いします。











Комментарии


bottom of page